生活エッセイ

初めてのキスの思い出

ファーストキスの思い出、覚えてますか?嬉し恥ずかしレモン味

みなさんキスしてますか〜!?
よく初めてのキスはレモンの味だなんて言うじゃないですか。
私ね、わりと早くて小学校4年生くらいかな?
しかも最初っから舌をね、おねぎと塩で頂いちゃったんですよ。
確かにほんのりレモンの味がしたんですよね〜。
食卓に薄切りのお肉が並んでて、パクッと食べたらなんかコリコリしてて、
「お母さん、これなんのお肉?」
「タンだよ」
「タンってなに?」
っつってね。

「牛のベロだよ」

って言われた時のこと、ほんと忘れられない。

初めてのキスの衝撃

マセた子どもだった私は自分のファーストキスが牛になってしまった衝撃に圧倒されながらも必死で平静を装っていた。
他にどんなおかず食べたか一切覚えてないもん。
めちゃめちゃショックだったの。
友人と回し読みをしていたちゃおやなかよしで恋愛の予習はしていたし、
キスのこともなんとなくわかった気になっていて
実際にしたことはなくても、きっとそういうチャンスって向こうから突然来るものだと思ってはいたんだけど、
さすがに相手が牛だと予想してないからね。
せめて王子になると思うじゃん。
キスしたら呪いが解けて王子になると思うじゃん。
牛のまま素直に食われちゃってるなんてことないでしょ、頼むよ牛。

高校生になって(人間とは)初めてのキス

そんな私もセブンティーンになり、
初めての彼氏ができた。
何度かデートをした後、まあ当然そういうことになる。
大好きな彼と唇を重ねながら、私が考えていたのは、あの時の牛のことだった。
これって本当にファーストキスって言えるんだろうか。
牛なんじゃないか、あの日の。
わたしのファーストキスは、やっぱりあの牛だよ。雄牛だか雌牛だか知らないけどさ。

牛肉を見るたび感じる申し訳なさ

それ以来、牛肉を見るたびにこれって元彼と同じ種族なんだよな〜って気がしてなんか変な気持ちになってしまう。
別に付き合ってた訳じゃないから元彼ってのはおかしいか。
割り切った関係と言っていいのか、その場限りの接吻ではあったんだけど、やっぱり少し切なくなる。