おすすめグッズ

絵本作家のぶみ大先生、わたし嫌いなんだよ ね〜!!ごめんね!

今日は私が親の仇ほども憎んでる、のぶみ大先生の悪口を書こうかな!ストレス発散記事だよ!えへへ!ごっめ〜ん☆

あんまり人の悪口ばっかり言っちゃいけないのわかってるんだけどね。

私、自分の子供も大好きだけど、他人の子供も好きだから、この人の絵本の歪んだ思想を読み取って悲しんだり苦しんだりする子がいると思うと辛くて仕方がないんだ。

のぶみ先生の大嫌いエピソード2選!

色々問題のある発言をなさってる方だけど、中でも私が嫌いな発言はね、

かの有名なお母さんが死んじゃう絵本!子供が怖がって、読むのを泣いて嫌がるんですと言われた時の

「子供がどんなに嫌がったとしても、無理やり続けてください。そのうち反抗しなくなって、お母さんのいうことをよく聞くいい子になりますよ」

という発言。

はあああああ〜?!?!?!!!!

読まなくていい!!!どう考えてもそんな絵本絶対に読まなくていい!!!

うるせえ!!!そんなことしてまでいい子になんかならんだってええわ!!!!!

いたずらして、わがまま言って、ご飯残したって部屋散らかしたって何したっていいじゃん!!!

その後ちゃんと叱ってやれよ!!

親に嫌われるかもしれない、親がいなくなっちゃうかもしれない

そんな不安感煽って自分の気持ち押し殺していい子でいてもらって、何が嬉しいんだよ!!!!

どんなに叱っても怒っても、ママとパパはずっとあなたのことを愛してるし嫌いになんてならないよって伝えるのが!!!!親のなすべき事だろうが!!!!!

全く共感できないわ!

そんなことさせようとしてる絵本作家も、それをちやほやしてるファンの方(いるのか知らんけど)も、全く理解できない。

親が一番伝えるべき親の愛を、親が否定してどうすんだ。

そりゃ大変だよ育児。だけどな、そこは簡単に触れちゃだめだろ。

一番大事な愛情の基盤を、親が壊しちゃダメだろ。

母親はずっとそばに居てくれて、ずっと自分を愛してくれる。

そういう安心感だけは、何があってもずっと与え続けていきたいと思っちゃうかな!私はね!

あともう一つ!!!

「子供はみんな、ママを喜ばせるために産まれてきたんだから、それが出来ないなら生まれて来なきゃ良かった」

もうね、こんなん打ってるだけで涙出て来るよ。

子供の人権をなんだと思ってんだ。

絵本を武器にして子供を傷つけてんじゃねえよ!

全子どもに伝えたい!!!

あなたは、あなたの人生を生きていい!!!

親のためなんかじゃない、誰のためでもない、自分だけの、自分が幸せになるためだけに、自分の人生を生きていい!!!

自分のすることで親が喜ばなくったっていい!自分が幸せだと思える人生を、歩んでいい!!!

育児論とか知らねーけど、

自分が正しい育児してるなんて自信もないけど、

私は娘を愛してるし、その愛は与えるだけのものでいいと思ってる。

リターンなんて期待してない。

ただ大切だから、ただ愛してるから大事に育てているだけだ。

私を喜ばせるために娘が生まれてきたなんて、とんっっっでもなく馬鹿げてる。

子供が産まれてくる意味を親が勝手に決めつけてんじゃねえよ。

娘には自分の人生を好きに生きて欲しいし、それが私の望むものでなかったとしても、娘が幸せなら何の問題もない。

もし人道に反するような事ならば叱るだろうけど、それで嫌われたって別にいい。嫌われても憎まれても全然いい。

私は子供を叱る時でも「今叱っているのはあなたのした行為であって、あなたの人格を否定するものではない。あなたのことを愛してる」となるべく伝えるようにしている。

それで娘が私の愛情に胡座かいて踏ん反り返ったとしても、別にいいと思ってる。

親に愛されているという揺るぎない自信を持つことって、メリット以外に何があるのかちょっとよくわからない。

「子供は何をやったってママに愛されてるという自信があるからイタズラをする。だから、そこを揺るがして不安感を煽るといい子になるんです。」

そうですか。じゃあうちの娘には一生悪い子でいてもらうわ。

何をされても私が娘を愛してるってことちゃんと伝えたいし、その都度叱ってやりたいと思うもん。

そりゃ育児は大変なんですよ〜!!!!!

それで追い詰められる母親が多いのも、ノイローゼになって自死を選ぶ人が多いことも知ってる。

だけど、そこまで追い詰められてるなら正しい機関に相談してくれ。

夫や実家に頼れないなら家事を外注するとか宅食頼むとか一時保育利用して少し離れるとかさ、そういう事に尽力してほしいと思う。どうか子供を脅していい子にしようなんて思わないで欲しいなと思うよ。

死の概念すら理解できてないような年齢の子に、母親の死をチラつかせることがどれ程辛いことが、少し考えてみてほしい。

絵本って、子供にとっては擬似体験なんだと思うんだよね。小さい頃そうじゃなかった?

本当に物語の主人公と一緒に冒険した気分になってたし、読み終わってからも自分がまだその世界にいるような気がしてワクワクしてなかった?

ただの物語じゃなくて、実際に体験したことみたいに感じてたよね。

だから、自分の幼少期にこの絵本がなくて本当に良かったと思う。

特に私は3歳ぐらいから生とか死とか、人はなぜ産まれなぜ死ぬのかとか、答えとしては種の保存でしょ、だったら私という個人に生きる意味があるの?とかなんとかそんなことをよく考えてるすんごい嫌なガキだったから、

そんな頃にこの人の本に出会っていたらと思うとゾッとするよ。

のぶみ先生の珍エピソード

訳わかんないおじさんだなあ〜と思うこと多いけど、たまに面白いこと言うのは好きだからメモメモ。

元いじめられっ子で2回の自殺未遂を経験し、ヤンキーの総長になり33回逮捕されて絵本作家を目指す

→この経歴大好きなんだよね〜。どっからどう考えても嘘じゃん。いい年した大人がよくこんな稚拙な嘘思いつくもんだと思うわ。

私もこういうのやってみようかな。

実は私、イギリスで王妃として産まれ2008年のM-1グランプリに出場し敗者復活戦から奇跡の優勝を果たし、今は沖縄の離島でヨガのインストラクターをやっています。ええ。嘘です。

「池袋連合」という暴走族を結成し300人を束ねるも、当時の暴走族たちに池袋連合なんてチームがなかったことをあっさりバラされる

→このエピソードも大好き。「300人もの大所帯なら知らないはずないっすよね!当時の仲間にも連絡して聞いてみます!」と検証されて、嘘がアッサリバレる。もはやかわいい。

ちなみにこの謎の連合、150人だとか200人だとか300人だとかのぶみ先生が口を開くたびに人数がコロコロ変わるので、私は彼の体調を示すバロメーターのように捉えてる。ちょっと多めだと「おっ今日調子いいんすねのぶみ先生〜!」みたいな気分になる。

ヤンキー時代は鉄パイプ持って、そのへん歩いてる知らないヤンキーにいきなり殴りかかったりしてた

→陰キャの考えるヤンキー像〜〜〜!!

いやいやヤンキーだってそんな訳わかんないことしないでしょ!なんか理由あって殴るでしょ!

絵本作家になることを決意し、図書館にあった6000冊の絵本を一ヶ月で読み切る

→一切の休憩なしで食事も取らずトイレにも行かず延々と読み続けたとして、2分に1冊くらいの計算になるね。

うーん、ギリギリ読めるかな?頑張ったね〜(笑)

妖精が見えると豪語しているのぶみ先生。ファンを集めて妖精を見に行くバスツアーを開催するも誰にも見えず

帰りのバスの中で「本当に見えるんですか?」と聞かれ

「僕が妖精が見えるのと、見えないのだったらどっちがいいかな?」と多数決を取り、見える事に決まった(?)

→もう、ちょっとごめん、よくわかんない!

のぶみ先生、あまりに言ってることがコロコロ変わるので「もしかしてのぶみ先生はいくつもの人格を持っていて、池袋連合の300人ってのはのぶみ先生の人格の数なのでは…?」なんて考察をしている人もいらっしゃいましたね。笑っちゃったよ。

他にも面白エピソードあったら教えてくださいな〜!悲しい話は聞きたくないから面白いやつ!