おすすめグッズ

ボケーっと生きてたら2週間ご飯を食べるのを忘れてて、栄養失調で倒れた話

私の書く文章からは全く想像できないだろうけど、

私は意外にも病弱な方で、持病を挙げればキリがなく、次から次へと湯水のように湧き上がってくる。はあ、これが持病じゃなくて石油だったらいいのになあ。

多分神様がその辺に落ちてた廃材を利用してどうにかこうにか組み上げたスーパーB級ジャンク品ポンコツボディの持ち主が私なんだと思う。

クイーンオブジャンク、つまりゴミが私だ。

とうとう神界もエコに気を使うようになったかと思うと嬉しくなっちゃうね。ヒューヒュー!

私は見た目も不健康でガリガリなんだけど、決してスリムでスタイルがいい☆みたいな感じではなく、

なんというか肌に脂がなくカサカサとしていて羅生門で死人の髪を盗んでるババアのような、なんだかそういう痩せ方である。

顔面がガイコツに似てる選手権があればホラーマンに次いで第2位は間違いなく私だと思う。人間というよりしゃれこうべに近い。

世界初、喋って動ける主婦型しゃれこうべ。それが私だ。

しっかし髑髏って良い漢字だよなあ。

ドクロという読み方を知らなくたって自然と読めてしまう。ホネホネしくて実に素晴らしい。

この漢字を考えた人、その時代ではさぞ名のあるアーティストだったんじゃないかしら。

はるか昔に漢字決め委員会みたいなのがあったのかよく知らないけど、ねえねえ、しゃれこうべもドクロとおんなじ漢字にしちゃおうよ!という意見が出た時、きっと満場一致で賛成だったんだろうな。知らんけど。

特にお腹周りのポンコツぶりが凄い

基本的に胃腸がげき弱の藤木君なんだけど、それに加えて空腹のアラームが基本的にぶっ壊れているので、うまくお腹が空けない。

「お腹が空く」に上手い下手があるのかよって感じだけど、これがね、あるんです。

あなたがもしなんの問題もなくお腹が空けるなら、素晴らしい才能の持ち主だから踏ん反り返って自慢していい。

こんなこと言うとキャピキャピギャルには「え〜めっちゃいいじゃん!羨ましい〜」とかなんとか言われてしまうこともあるのだけど、いやいや、まじでやばいんだよ。

人間に痛覚が存在する理由は皆さんご存知だと思うけど、それの腹ペコバージョン。

今あなた空腹ですよ〜のアラームが鳴らないの、本当に結構ヤバイ。

これは、娘が1歳と少し経って歩けるようになった頃の話。

全国のお母さん方、ご飯食べてますか?

離乳食〜幼児食の時ってさ、大人と別で作んなきゃなんないし、自分一人が食べるためにわざわざご飯なんて作ってられないじゃん?

子供に昼食あげて、お昼寝の寝かしつけして、ヨッシャ寝たな!と思ってカップラーメンにお湯入れるくらいが関の山。

ちょうど3分経った頃にフェーンフェーン起きてくるから結局食べられないのもあるあるだよね。

私もまあそんな感じで、ちょっと時間が空いても部屋の片付けやら掃除やら洗い物やら、やることなんて山ほどあるし、終わったか終わらないかくらいで子供は起きちゃうし、なーんにも終わんないよ〜!!!と毎日シクシクエンエン。

優先順位がバチボコに下手。

やらなきゃならないことに優先順位付けるなら、1番が子供、2番は家のこと、3番に夫がきて、4番が自分…。

で、さらに私はアホなので「自分」カテゴリの中でも優先順位1位は睡眠。これは譲れない。2位以降はなんだろね?通院とか美容院とか?もうそんなことになっちゃう。どう考えても飯だ飯!

あと、私は本当に要領が悪いので、夕飯が全く上手に食べられない。娘が食べるときは食事介助しなきゃならないし、夫が食べてる時は私が娘見てなきゃならないじゃん。洗い物して風呂入れて、寝かしつけたら翌日の夕飯作ってるからさ、

いつ食べたらいいのかサッパリわからないんだよね…。

みんなどうしてるのか本当に教えてほしい。ハア〜サッパリサッパリ。

解説ちゃん
解説ちゃん
みなさん知ってますかサッパリ妖精。ダイコン妖精ってのもいたよね。大混乱の時に出てくるやつ。

ダイコンランですダイコンラン。

私はヒッポロ系ニャポーンだから唐突に意味のわからない話をしてしまって申し訳ない。今回の元ネタは魔法陣グルグルですのでよろしくお願いします。

お腹に謎の違和感

まあそんなこんなでバタバタ忙しく自覚なく何日かご飯を抜いてたら、お腹に違和感を感じるようになってきちゃったのだ。

それがいわゆる「空腹」だったんだけど、私はそれに気が付かなかったんだよね。いや、そんなことある?!バカすぎるだろ我ながら。

お腹空いてグーグー鳴ってるのを

「何かお腹変な感じだなあ〜胃もたれかな?最近油ものばっかり食べてたからな〜…」

食べてない。食べてないんだ私。

油物どころか固形物をこの時点で8日口にしていない。気づけ、気づくんだ、私!

ところが、本当にここまでくるとバカの極み、正真正銘の愚か者。

なんと私は

「胃が痛いからしばらくご飯抜くか〜。」というロクでもない決断を下してしまう。バーカバーカ。お前の母ちゃんデベソ〜!

それから2、3日食事を抜いても全く治らない空腹感。当たり前だ。何をやってんだと自分でも呆れる。

当たり前に体調が悪くなる

この頃になると常に貧血で立ちくらみがあり、外を出歩くのが億劫になってきていた。

吐き気が酷く、だけど吐けない。

何かがおかしい。何でだろう。

「なんか変なもの食べたっけ。」

もちろん変なものなど何も食べていないのだけど、この考えに至って本当に良かった。

「変なものっていうか、昨日何食べたっけ。食べてないか。一昨日何食べたっけ。食べてないか。その前何食べたっけ。食べてないか。…」

これを14回やった。

そしてやっと気が付くのだ。

わたし、お腹空いてるな?と。

ところがどっこい!!!

これは大変と夕飯の残りをレンジで温めて、かぞえてんぐのDVDを再生し

「ごめんね〜ちょっとこれ見ててね。

10分で食べるから」

と慌ててパクパク食べ始めたその時、急激な胃痛、吐き気、そして嘔吐。

急に2週間も栄養を絶たれた胃が、完全にへそを曲げていた。

ん?へそ?そうそう、へそといえば、江戸時代に「なるへその茶沸かし」という妖怪がおってな、…

わくわく妖怪講座〜なるへその茶沸かし編〜

まあ妖怪の話はいいや。

胃ちゃん、完全にご立腹。腹だけに。

来るもの全てを拒絶。まるで思春期の私の心みたいだ。

触れるもの皆傷つけて、肉じゃがなんていらないと孤独に強がっていた。

今更なによ!そばにいて欲しい時にはいつも私のことなんて放ったらかしだったくせに!

というか、胃も食物の消化の仕方を忘れちゃってたのかもしれない。

それから何度か消化に良さそうなものチャレンジをするけどことごとく失敗。

どうしようもないから病院で点滴を打ってもらうことにした。

過度なダイエットはどうこう、と怒られた気がするけどあんまり覚えていない。とにかくしんどかった。

ただ、この点滴が物凄く気持ちよく、メキメキ回復。

元気百倍!元気百倍マン!!

原因がわかり、やっと日常へ

それからは重湯から始まり、お味噌汁の上澄み、十倍粥、7倍粥、5倍粥…

すりつぶした魚の白身やクタクタに煮た野菜スープ。

半年前に一生懸命勉強した離乳食の経験がまさか役立つ時がまた来るとは。

そんな食生活を1週間ほど続け、どうにかいつものゴキゲンな胃ちゃんに戻り、やっとよりを戻せた。

復縁まで、長かった…。とんだじゃじゃ馬ベイビーちゃんだぜ。

まとめ

みんな忙しい時もあるだろうけど、ご飯だけはちゃんと食べよう。

毎日ちゃんとお腹が空いて、美味しいご飯を美味しく食べられるって意外と貴重なことだから。

健康な人にはたくさん美味しいものを食べて欲しいなと思う。

かくいう私も妊娠中で、今現在すこぶる体調がいい!イェーイ!

安定期に入って空腹感もわかるようになってきたし、ちゃーんと毎日三食たべてぷくぷく太ってきている。

ぺこぺこのお腹で美味しいものをパクパク食べてる時、本当に幸せだなあ〜とニコニコしちゃう。嬉しいなあ〜。

私は少し太ってるくらいが体力もついて体調がいいので、このまま順調に増やして産後もちょいデブのままでいたいと切に願っている…。